COMPANY会社情報

会社概要・沿革

ミッション&フォーカス

Co-Creating the Future of the IoT World

Advantechの使命は、お客様、パートナー企業様、そして社会との協創による未来とIoTワールドの実現であると考えます。

Advantechは1983年の設立以来、高品質・高性能コンピューティング & IoTプラットフォームの開発・製造の技術革新を行ってきました。
標準的なコンピューティング & IoTプラットフォーム製品の開発・提供だけではなく、DMS(Design and Manufacturing Service)による付加価値あるカスタム化サービスも提供する事で、お客様事業の成長に貢献しています。

 

企業データ

社名 アドバンテックテクノロジーズ株式会社
英文名称:Advantech Technologies Japan Corp.
所在地 〒822-0006 福岡県直方市上境飛熊2770
代表者 代表取締役社長 石田 隆裕
事業内容
  • 産業用PC、IoT製品の開発・製造・販売
  • 産業用電子機器の開発・製造受託サービス(DMS)
資本金 3億円
設立年月日 1966年5月30日
事業開始日 1966年10月6日
株主 Advantech Co.,Ltd.(50%)
アドバンテック株式会社(30%)
オムロン株式会社(20%)
役員

代表取締役 石田隆裕

取締役 Miller Chang

取締役 Eugene Cheng

取締役 Vincent Chen

取締役 竹田誠治

監査役 土井麻奈未

会計監査人 尾中直也

会社沿革

九州は福岡県、福智山と遠賀川に囲まれた緑豊かな環境の中で、1966年に私たちは息吹をあげました。
この半世紀にわたる歳月の中で培われた技術は、オムロングループの中において、産業用電子機器の開発・生産を担う一大拠点として成熟。
ここから生まれた産業用電子機器は、日本国内に留まらず、世界各地のお客様にご利用いただいております。
我々、アドバンテックテクノロジーズは、この半世紀で培った技術と、アドバンテック グループの一員としての製品や技術を活かし、お客様のニーズに対して、QCDプラスαのサービスをご提供できることをお約束いたします。

1966年 立石電機の系列会社として直方電工株式会社設立
(資本金3,000万円/従業員45名)
「電磁継電器」の生産開始
1968年 社名を直方立石電機株式会社に変更
1969年 当地に新工場竣工
「電子卓上計算機」の生産開始
1973年 「電子キャッシュ・レジスタ(ECR)」の商品化
1974年 ECR専用工場(2号館)竣工
1977年 「健康機器」の生産開始
1978年 資金2億円に増資
「駐車場システム機器」の商品化
1980年 資本金3億円に増資
電子機器専用工場(1号館)竣工
「ガソリンスタンド用POSシステム(SS-POS)」の商品化
「電子式手形発行機(MICR)」の商品化
1982年 本館(5号館)竣工
「クレジットカード認証端末機(CAT)」の商品化
1983年 「マニュアル式 磁気カードリーダー」の商品化
1985年 開発技術部門の拡充にともない、技術センタ(6号館)竣工
ロジスティックセンタ竣工
1987年 「FAコンピュータ」の商品化
「Unix エンジニアリングワークステーション(Luna)」の商品化
1988年 「高密度PCB」の生産開始
1989年 「プリペイドカード端末」の商品化
1990年 社名をオムロン直方株式会社に変更
1992年 PCB実装部門拡充のため、PCB製造専用棟(7号館)竣工
1993年 ISO9002品質国際標準化規格認定
「電子キャッシュレジスタ(ECR)」の生産200万台達成
1994年 ISO9001品質国際標準化規格認定 
1995年 鉛フリー実装技術(PbFree)への取組み開始
1996年 オムロン流通関連事業(RS事業)の機能を当社に集約
「PCベースPOSシステム」の商品化
「モータ式 磁気カードリーダ」の商品化
「マニュアル式 磁気カードリーダ」の生産300万台達成
1997年 ISO14001環境国際標準化規格認定 ISO14001 Logo 
1998年 緑化優良工場として通商産業大臣賞受賞
1999年 オムロン 社会・公共システム向け電子機器の開発・製造部門を強化
「コンビニエンスストア向けATM」の生産開始
「KIOSK端末」の商品化
2000年 「産業用小型タブレット端末」の商品化
営業部門を新設。EMS外販事業開始
2001年 オムロングループ外からの受託業務拡大に伴い、
高密度PCBに関する産業用電子機器類の開発製造受託事業を本格化
2004年 PCベース電子機器のDMSサービスを開始
2005年 「インダストリアルPC、FAパネコン」の商品化
「紙幣認識装置」の商品化
2008年 関東エリアでの顧客サービス強化のため、新横浜オフィスを設置
2009年~2014年 オムロン 電子機器統轄事業部(品川)に参画
「組込みPC」関連事業の強化
開発製造受託事業を拡大
2015年 オムロンUPS 製品の設計・製造機能を強化
2019年 台湾 Advantech社のグループ企業として、
社名を「アドバンテックテクノロジーズ株式会社」に変更