PEOPLEキャンパスのメンバー紹介

メンバーインタビュー

生産技術職 大谷 周子
PROFILE
生産支援部 生産技術&ITグループ
生産技術職
大谷 周子(オオタニ チカコ)
[2007年入社]

私から見た「アドバンテックテクノロジーズ(ATJ)」という会社は…

ベテランの知識・経験を吸収し、若手が成長を楽しめる会社。

「好き」を仕事にしたいと思い、信頼する先生に勧められた会社へ。

「好き」を仕事にしたいと思い、信頼する先生に勧められた会社へ。
学生時代、触れるのが好きだったパソコンを使っての仕事に就きたいと思い、就職活動に取り組んでいました。
数社進行中の企業があるなかで内定をいただけたのが当社。
先生に相談すると、会社の安定性や福利厚生の充実など、働きやすい環境が整っていることを改めて教えていただき、当社への入社を決めたんです。
担当している仕事の内容は主に、営業さんからの見積依頼に対して、基板(電子回路基板、PCB)の製造にどれぐらいの時間が必要になるかを見積もる業務。
どんな部品が搭載されるのかという情報や図面を基に、どんな方法・工程で生産するのかを想定して、どれぐらいの時間で基板が作れるかを算出しています。

縁の下から会社を支える、やりがいに溢れたポジションです。

縁の下から会社を支える、やりがいに溢れたポジションです。
部署全体では、営業からの依頼を受けて基板製造のための工程設計・見積りを行うほか、完成した基板に電気を流す動作チェックや資料作成などの幅広い業務を手掛けて、製品を生産するための前準備を担っています。
「これは絶対に受注したいんです!」など、営業さんの強い思いが伝わってくる案件を、いかに安く・いかに短い時間で作れるか、周りのメンバーや上司とも思考錯誤して、見積りを作成し、無事に受注できた時には、言葉にできないくらい嬉しくなります。
部署のメンバー全員でやり遂げたという達成感と共に、会社やお客様の事業やモノづくりにも貢献できたというやりがいも感じられますよ。

自分自身を過信することなく、日々、成長することを目指して。

自分自身を過信することなく、日々、成長することを目指して。
基板や回路は理系の領域になりますが、私自身は文系出身だったので、業務に関する知識は入社後に身につけたものばかり。
現在の業務を約10年ほど担当していても、案件の受注に直結するポジションだからこそ、今でも常に勉強することを心掛けています。
見たことないもの、わからないことがあれば、上司や先輩に相談させてもらうこともあり、今でも日々学ぶことが多いですが、豊富な知識・経験を有するベテランが大勢いらっしゃるだけでなく、みなさん優しく質問や相談に耳を傾けてくださるので、安心して日々の業務に取り組めているんです。

メンバー同士の関係性の深さが、働きやすさの秘訣だと思います。

社内のメンバー同士のコミュニケーションが非常に盛んなのは当社の特徴であり、大きな魅力のひとつだと思っています。
小まめに声をかけてくださったり、話を聞いてくださったりと、温かい気遣いで支えてもらえるだけでなく、時にはあえて厳しい環境に身を置かせることで、成長する機会も用意してくださるんです。
正直、入社15年目の今でも勉強不足を痛感し思い悩むこともあります。
ですが、一緒に働くメンバー・仲間に恵まれているので、毎日の仕事が心から楽しいと思えています。

メンバー同士の関係性の深さが、働きやすさの秘訣だと思います。