TOPICSトピックス

  • ホーム>
  • トピックス>
  • 医療用画像管理システム(PACS)へのマザーボード採用事例/ Micro-ATX AIMB-587

医療用画像管理システム(PACS)へのマザーボード採用事例/ Micro-ATX AIMB-587

2021/04/01

AIMB-587_bannar_1600x920_3医師は、患者の人生を大きく左右しかねない多くの意思決定を下さなければなりません。効率よく意思決定を行い、患者のケア向上を図るため、医療現場はプロセスのデジタル化を推進しており、主な対象プロセスとしては以下の3つがあります。

 

①画像処理:システムを活用した高解像度画像のデータ分析

②意思決定:AIを用いて医師の意思決定をサポート

③現場運用:業務効率と信頼性の向上

システム要件
医療画像管理システム(Picture Archiving and Communication Systems:PACS)は、X線診断装置の単純撮影画像やMRIの磁気共鳴画像など、撮影した画像をネットワークを通じて保管・管理するシステムです。PACSは、院内でのデータ管理に非常に便利なプラットフォームでデジタル診断プロセスにおける代表的なツールです。人工知能(AI)の進歩の恩恵を受ける形で、高性能なAIモジュールをPACSに搭載できるようになり、精密なデータ処理が可能になりました。また、PACSを利用することで医師は従来の人のみによる診断をしていた頃に比べて、病状の早期発見をより簡単に、効率的に実現できるようになりました。PACSの市場規模は、2019年では26億ドル、2024年には35億ドルに達すると予測されており、年平均成長率は6.0%になると言われています。

 

医用画像処理装置には、「処理能力」や「伝送データの信頼性」が非常に重要な要素となるほか、マルチタスク処理が実行できる高性能な演算能力が必要となります。PACSはCTやMRI装置などから多くのデータが伝送され、その環境下でより正確な画像診断結果を得るにはマザーボードやAIソリューションと親和性のあるAIモジュールが必要となります。PACSソリューションプロバイダーは、最適なシステム構成の確立に時間を要する課題を持ち合わせています。

 

さらに、 動画や画像データは、手術室からクラウドまで低遅延で配信する必要があります。また、データ転送時にはデータの機密性を考慮する必要があるため、患者の画像にはハードウェアとソフトウェアの両方でセキュリティ対策が必要です。
ソリューション
パワフルな処理と高速データ転送

AdvantechのMicro-ATX 産業用マザーボードである AIMB-587は、PACSのようなアプリケーション向けに開発されました。 AIMB-587は第10世代 Intel® Xeon-Wシリーズのプロセッサを使用しており、前世代のCPU性能と比較すると、マルチスレッドコンピューティングにおいて14%向上しています。また、 PCIe x16拡張スロットにAIアクセラレータボードを追加することで、高度な医療診断アプリケーションに対応できます。さらに、4x LAN、2x GbE LAN、2x 10GbE LANポート(オプション)に対応しています。 この10GbE LANでは、高解像度な画像・ビデオを送信する際に必要な「10 Gbit/sの帯域幅」を実現し、4x LANでは、あらゆる場面、様々なアプリケーションを構築するための選択肢をお客様へ提供いたします。

 

AIMB-587_3D _BannerAIMB-587

信頼性とプライバシーのためのデータ保護

データの機密性は、医療アプリケーションにおいて重要な要件です。 AdvantechのMicro-ATX マザーボード AIMB-587は、データを暗号化し、システム制御やプラットフォーム認証を実行できるTPM2.0をサポートしており、外部からの攻撃やデータ盗難からシステムを保護することができます。さらに、ソフトウェアRAID 0/1/5/10対応のSATAポート(最大8つ)を搭載しています。加えて、Microsoft Azureを使用することで、全データを保存するクラウドバックアップサービスを受けることが可能です。

早期市場投入を可能とする医療グレード品の提供
Advantechは、医療規格 IEC 60601-1/2/3、ESDレベル4(静電気対策)、製品安全規格 EN62368に準拠した製品の開発・設計実績が数多くあり、これら各規格を取得した製品をお客様に提供することで、お客様の開発期間を短縮し市場への早期投入をご支援できると考えています。

 

アドバンテックテクノロジーズのデザイン・イン・サービスの詳細はこちら

まとめ

AIMB-587は、優れたパフォーマンスを兼ね備えたハイエンドな産業用マザーボードであり、PACSへ組込む上での最適なソリューションです。AIとの互換性によって医療でのデジタルプロセスを強化し、高速なデータ送信と高い信頼性を実現します。

採用製品

AIMB-587_3D _Banner

AIMB-587 Micro ATXマザーボード 

 

  • 第10世代インテル Xeon W /Core™ i9 / i7 / i5 / i3プロセッサ搭載
  • PCIe x16(Gen 3)、1 x PCIe x4、1 x PCIe x1、1 x M.2 M-Key
  • 4 x USB 3.2(Gen 2)、6 x USB 3.2(Gen 1)、最大8 x SATA III
  • 4x LAN、2 x GbE LAN、2 x 10GbE LAN(オプション)
  • 3画面独立表示が可能: 2 x DP / VGA / eDP
  • TPM2.0をサポート(オプション)
  • 「WISE-DeviceOn」「Edge AI Suite」に対応

 

AIMB-587の詳細はこちら

 

外観

AIMB-587_Front _Square

表面

AIMB-587_Rear _Square

裏面

I/O

 

マザーボードの規格

motherboard_formfactor_standard_lineup_2_!200x584クリックして拡大

 

組込みボードの詳細はこちら

関連動画

 

ソリューションの実現に関するお問い合わせはこちら

関連情報