TOPICSトピックス

安心・安全な運行を実現するスマートバス車両管理システム

2021/07/11

ARK-2550V_case_study_1600x898タイの首都であるバンコクは、タイの経済と交通の中心地であり、タイのあらゆる主要企業の本拠地です。1980年代の都市の急速な成長の結果、自動車の数と大都市の人口は劇的に増加しました。バンコク大都市圏に所在する企業にとって、フリートマネジメント/車両管理を効率的に実行し、交通渋滞によって引き起こされる予期せぬ事故を回避する方法は、とても大きな課題となっていました。

 

Advantechは、そのような課題を抱える某大手バス会社(B社)へ、エッジAI活用によるスマートバス車両管理システムを提供し、シャトルバスの交通安全を改善、バス運行コストの削減を実現しました。

システムの要件

B社は、4,000人以上の従業員を抱えるタイ最大の企業の1つです。毎年、B社の従業員は社用車でオフィスや工場、サービスセンターを約8,000回行き来しています。管理者は、多くの時間と労力を費やし、何百台もの社用車とドライバーの管理を行っていました。彼らは、シャトルバスの使用率を最大化できるようにバスとドライバー両方の状況のリアルタイム管理、さらに、カメラを用いたAI顔認証と車両データ分析を組み合わせたシステムを必要としていました。

ソリューション

1111_In-vehicle_2

 

Advantechは、車載アプリケーションに特化した「ARK-2250V」車載向けファンレスBox PCを提供しました。「ARK-2250V」は、車載用途での優れた耐久性、幅広い動作温度、高い拡張性を持ち、あらゆる車載環境下においても安定した動作を保証いたします。車載アプリケーションでは課題となるイグニッション時や電力サージによって引き起こされる突発的な電圧降下から、システムを保護するための電源遅延機能も備えています。さらに、IPカメラとの接続、電源管理に関する課題に取り組むために、PoEインジェクター機能を搭載しています。

 

 

ARK-2550Vcontent-image


また、WiFiホットスポットやCAN-BUSなどの拡張モジュールが増設可能となっており、エッジでデータを集積することによって、車両管理者が車両メンテナンスのスケジューリング・燃料盗難の発見など実現することができました。

 

ドライバーの状況分析を可能にする行動検出/疲労検知機能に関しては、カメラを用いたドライバー認証、ドライバーの注意散漫さの検知など、AIによる優れた並列処理能力を備えています。第6世代 Intel® Core™i7 CPUとHD Graphics GPUにより、IPカメラからのライブビデオストリーミングをリアルタイムで処理できます。この処理をエッジで実行することで、コントロールセンターのシステムの大きな負荷を避け、データ通信コストを節約することができます。

ドライバーの携帯電話の使用、注意散漫、疲労、スピード違反などの異常な動作を検出し、コントロールセンターが直ちに措置を取るためにアラート通知を実行できます。


さらに、コントロールセンターで使用するソフトウェアの開発に役立つソリューションだけではなく、システム最適化のコンサルティングを提供することによって、試行錯誤のプロセスを最小化することができ、システム全体をスピーディーに納入することができました。


デバイスリモート管理ソフトウェア”WISE-DeviceOn”により、デバイスのステータス管理やエラー/故障、メンテナンス必要性の検知、さらにはシステムの再起動を遠隔で制御する機能を実現します。また、将来的な拡張性として、最新のIntel® Vision Processing Unit(VPU)を搭載したAIアクセラレーションモジュール(VEGA-300シリーズ)を搭載することでシステムのAI推論処理能力をアップグレードすることができます。Intel® VPUを用いることで、CPU処理の負荷を解放することができます。

 

 

iManager

WISE-DeviceOn

ARK-2250V

 

ARK-2250V_Front_1200x763

ARK-2250V

 

  • インテルCore- i7-6822EQ QC/ i5-6442EQ QC SoC
  • 拡張性の高いデザイン、拡張モジュールに対応(オプション)
  • DC 12/24V の車両電力サポート Eマーク規格認証
  • イグニッション時の電源入力管理機能
  • リモート管理ソフトウェア“WISE-DeviceOn”標準搭載
 

ボックスコンピュータの用途別 トレンド

 

ARK-2250Vをもっと詳しく!

【最新データシートのダウンロード】

下記のフォームに必要事項を記載頂きましたら、データシートのダウンロードURLをメールにてご案内致します。

関連情報