TOPICSトピックス

2020 Advantech Embedded World Partner Conference (WPC)

2019/12/16

WPC_closing_top_bannar_2_L.jpg

2019年12月12日~13日。Advantechは台湾、林口IoTキャンパスでEmbedded IoT World Partner Conference(WPC)を開催しました。『組込みイノベーションでリードするAIoTの未来』をテーマとした今年のカンファレンスでは、Advantechとそのパートナー企業および世界各地からの顧客とのCo-Creation(共創)によって実現された様々なIoT & AIoTに関するソリューションが紹介されました。更に、Intel IoTエコシステムグループゼネラルマネージャー兼、Advantech戦略パートナーであるSteen Graham氏、 CyberLink社の会長Jau Huang博士、 Symantec社のIoTグループゼネラルマネージャーであるKunal Agarwal氏を招き、最新の技術トピックについてディスカッションが進められました。

このディスカッションでは特に、AI、エッジコンピューティング、5Gが牽引するワイヤレスネットワーク、情報セキュリティに関する最新の情報や分析が共有され、テクノロジーエコシステムの共創、およびその構築の重要性が説かれました。また世界50カ国から450名を超えるお客様ならびにパートナー企業からのご参加を頂き、今後のIoTビジネスの実現に向けた共創に微力ながら貢献できたことは、Advantechグループメンバー一同にとって誠に光栄の至りです。

 

メイントピック一覧

イノベーション時代の組込み技術、AIエッジインテリジェンス、WISE-PaaS Marketplace 2.0によるAIoTエコシステムの共創

 

ライブ配信動画

06:57

オープニングトーク:既存ビジネスを変革する最先端AIoTテクノロジーのトレンド

14:33~

Advantech 社長 Miller Chang 開会基調講演:組込みイノベーションが主導するAIoTの未来

35:09~

Advantech 会長 KC Liu 基調講演:次世代IoT社会の共創

 

チャンネル登録はこちら

 

 

フォトセレクション

WPC_picture_7_L.jpg

 

WPC_picture_2_L

 

WPC_picture_8_L

 

WPC_picture_12_L

 

 

   
Leading Embedded Innovations into an AIoT Future

2010年以来、Advantechは3つのフェーズごとにIndustrial IoTの開発に積極的に取り組んできました。第1フェーズは組込みシステムのプラットフォーム提供。第2フェーズはWISE-PaaSと産業用アプリケーション(I.APP)を利用したソフトウェアとハードウェアの統合。そして第3フェーズはドメインフォーカス・システムインテグレータ(DFSI)との連携によるアプリケーションおよびソリューションのCo-Creation(共創)です。AdvantechのエンベデッドIoTグループ(EIoT)社長、Miller Changは 「AIとIoTは、今後の産業成長にとって欠かせない原動力となるでしょう。したがって、組込みプラットフォームは、AIoT開発におけるフェーズ2と3の基盤として、市場の需要を満たせるように、AIとIoTの両方を組み込んだソリューションを活用しなければなりません。今後、当社のソリューションは① エンベデッドコア・デザインインサービス ②エッジAI、インテリジェンス & ワイヤレスコネクティビティ ③開発・製造受託サービス(DMS) ④クラウド、ネットワークセキュリティ、ビデオAI の4つの主要なカテゴリーを中心に発展していくでしょう。」と基調講演で発信しました。

 

エンベデッドコア・デザインインサービス
Embedded Design-In Service

WPC_Embedded_Core_Design_In_Service_L

Advantechは、組込みコンピューティング市場のリーダーとして、様々な業界向けに、組込みボード、ソフトウェア、周辺機器などの製品と、顧客中心のデザインインサービスを組み合わせた、ワン・ストップ・サービスを提供しています。

エッジAI、インテリジェンス、ワイヤレスコネクティビティ
Edge Computing and Intelligence Solution

WPC_Edge_Computing_and_Intelligence_Solution_L

AIoTによって、Industrialの市場は今後更なる成長を遂げます。Advantechは、エッジAIソリューション、エッジインテリジェンス、5G / LPWA、およびWISE-PaaS / DeviceOn のIoTデバイス管理ソフトウェアの開発に取り組んでおり、お客様がAIoTアプリケーションの開発を円滑に推進できるようサポートしています。

開発・製造受託サービス(DMS)
Design & Manufacturing Service

WPC_Global_DMS_Jp_L

医療、AIoT、輸送、オートメーション、小売、インテリジェントディスプレイ、HMIといった特定アプリケーションの要件に対応するため、設計から、開発、検証、製造に至るまでの全工程を当社で請け負うことで、産業界のカスタマイズニーズを満たす「開発・製造サービス(DMS)」をお客様に提供します。

Cloud IoTソリューション

プライベートクラウドソリューション、4K/8Kイメージング分野のAIテクノロジーとアプリケーション、SD-WAN、5Gプライベートモバイルネットワーク、ネットワークセキュリティなど、5GとIoTアプリケーション、ならびに革新的なテクノロジーに焦点を当てており、クラウドコンピューティングとIoTを統合することで、現場の作業効率を向上させます。

Co-Create (共創)パートナーによる、
組込みIoT分野のエコシステムソリューションの紹介

WPC_picture_10_L

カンファレンスでは、ご来場いただいた方々と、AdvantechのEIoTシステムのプラットフォーム開発戦略および今後の方向性について情報共有を行いました。また、組込みプラットフォームやデザインインサービス、ARMベースのコンピューティングソリューション、ワイヤレスコネクティビティソリューション、ドメインフォーカスソリューション、エッジAIソリューション、Cloud IoTソリューション、開発・製造サービス(DMS)などの多岐にわたるテーマを包含するEIoTエコシステムについても紹介しました。さらに、様々なアプリケーションに導入され、IoTデバイスや接続機器を管理できるソフトウェア、WISE-PaaS/DeviceOnのデモンストレーションを行いました。 他にも、Microsoft、McAfee、Chunghwa Telecom、HwaCom Systems、Tong Cheng、Parktron Technology、Yujin Robot、KOLON BENIT、iProd、TEDなどの合計11社のパートナー企業のソリューション紹介も進めました。

WISE-PaaS Marketplace 2.0 によるAIoT開発の促進

Advantechは、WISE-PaaS IoTクラウドプラットフォームの研究・開発に注力しており、フェーズ2・3のIoTアプリケーションの普及を念頭に、WISE-PaaS Marketplace・オンラインショップの立上げに向けて多額の投資を行ってきました。 2020年にリリース予定のWISE-PaaS Marketplace 2.0は、IIoTソリューションのトレーディング・プラットフォームへと発展する見込みです。このMarketplaceを活用して、当社は産業用アプリケーションの市場を開拓し、お客様にサブスクリプションサービスを提供します。また、このプラットフォームは、Advantechのエコシステムパートナーが自社のソリューションをアップロードおよび販売する場となります。 サブスクリプションモデルには、WISE-PaaS / DeviceOn アプリケーション、Edge.SRP、General I.App、Domain I.App、AIモジュールに加えて、WISE-PaaS Marketplace 2.0を介して当社とパートナーが提供するコンサルティングサービスならびにトレーニングサービスが含まれます。

 

 

WPC_picture_3_L

Advantech EIoTグループ社長 Miiler Chang 講演の様子

 

AdvantechのエンベデッドIoTグループ(EIoT)社長、Miller Changは、今回のイベントの最後で以下のメッセージを発信しました。

「AdvantechはAIoTの促進という指針に沿った歩みを止めることはありません。これまでも持続的な製品開発と改善、革新的な技術、デザインインサービスを利用したAIとIoTソリューションのインテグレーション(統合)に努めてきましたが、この他にも、2020年にWISE-PaaS Marketplace 2.0の公式発売を予定しております。これを機に、フェーズ2および3へ向けたAIoT開発の流れを一気に加速させ、その普及を一層、促進できるよう励んでいく所存です。Advantechは今後、社外のエコシステムパートナーとのCo-Creation(共創)によって得られる多彩かつ革新的なアイデアを集約・活用するとともに、特定分野のリソースを確立して、多様な産業分野における長期的なAIoT市場の開発を推し進めます。AIoT時代の更なる発展と明るい未来に向けて、Advantechは今後も挑戦し続けます。」

 

 


Advantechについて

Advantechは、IoTインテリジェントシステムおよび組込みプラットフォームの分野でグローバルトップシェアのインダストリアル・プラットフォームメーカーです。「Enabling an Intelligent Planet(インテリジェントプラネットの実現)」をコーポレートビジョンに掲げ、近年はIoT、ビッグデータ、AIのトレンドを取り入れ、エッジインテリジェンスなWISE-PaaS AIoTプラットフォームとマーケットプレイスのインダストリアル業界向けソリューションを提供し、クライアントとビジネスパートナーとが結びつきを深め、AIoT時代の新たなビジネスをCo-Creation(共創)できるエコシステムの実現を進めています。

(ウェブサイト:www.advantech.com

アドバンテックテクノロジーズ(ATJ)について

アドバンテックテクノロジーズ株式会社 (略称:ATJ、旧オムロン直方) は、Advantechグループの日本国内拠点として、Advantech製品の販売ならびに、医療設備、ロボット産業、設備産業などのインダストリアル向け電子機器のMade In Japan 開発・製造サービス(DMS/ODM/EMS)を提供しています。Advantechの豊富なAIoT関連製品を日本国内のお客様ニーズに合わせたカスタマイズサービスにも対応し、AI x IoT時代の新たなデザイン・イン・サービスをご提案致します。

 

Intel_IoT_Solution_Alliance_Logo

 

ソリューション実現に関するご相談はこちら

関連情報