TOPICSトピックス

中国で活躍する体温測定ロボットの事例

2020/05/01

体温測定とAI顔認証をロボットで

 

2020年5月段階で、中国国内の新型コロナウィルス感染症(CODIV-19)は減少傾向にあり、企業や教育機関は、仕事や授業の再開に向けた対応に取組んでいます。生徒や従業員の体調管理の為に体温を測定するプロセスは多く導入されていますが、手動で体温を測定するのは、多くの人員が必要とされるだけでなく、人との接触による安全上のリスクも増大させます。中国 Shen Hao Technology社は、その接触リスクを回避し、体温を素早く検出するソリューションとして、体温測定ロボット「Health Guardian.1」を開発し販売開始しました。

このHealth Guardian.1ロボットは、様々な環境での動作の信頼性・安定性を確保するために、Advantechの産業用ファンレス・コンピュータを採用して、仕事や事業の再開を支援します。

AI Thermometer Robot Health Guardian.1

中国Shen Han Technology社製 体温測定ロボット 「Health Guardian.1 体温測定ロボット

Health Guardian.1 ロボットの特徴

このHealth Guardian. 1ロボットは、遠赤外線サーモグラフ測定技術を使用しており、非接触で5メートル以内の人体温度を測定できるため、人との接触による感染リスクが抑制され、更に体温測定にかかる時間・段取りが大幅に効率化できます。このロボットは、AI顔認識技術を使用して個人認証を行い、その情報をチェックイン・アウト(出欠確認)の管理にも利用できます。また同時に、ロボットはSLAM自律ナビゲーションによって、自律的な位置決めや、移動時の障害物回避、自律充電などの機能を備えています。このロボットは、学校や公共スペース、オフィスビル、ショッピングモールなどでのパトロールや放送(アナウンス)などに利用可能です。

 

様々な環境での動作の信頼性と安定性を確保するために、Health Guardian. 1ロボットには、堅牢かつ信頼性が担保されたインダストリアルグレードの産業用コンピュータを搭載する必要がありました。中国 Shen Hao Technology社は、この課題に対して Advantechの産業用ファンレス・コンピュータ UNOシリーズを採用し、市場からの厳しい要求を満足する事ができました。

 

Advantech Fanless PC

Advantech 産業用ファンレス・コンピュータ

 

折しも中国国内では、COVID-19感染抑制の影響で、企業・物流・人の行き来が出来ず、満足なモノづくりが出来ない状況にありました。

Advantechの中国国内の製造拠点である昆山工場では、この緊急の状況と社会からの強いニーズに直面し、部品サプライヤー不足、工場の不十分な稼働能力、厳しい物流状況など様々な問題を着実に克服。工場再開後わずか1か月以内に、500台を超えるUNO- 2484G組込みファンレス産業用コンピューターを製造し、Health Guardian. 1ロボットの搭載と、迅速な市場展開に貢献しました。

 

3月16日、貴州省の高等学校が正式に再開しました。 その登下校風景の中には、Health Guard.1ロボットが活躍する姿が見られました。

5月現在、400台以上のHealth Guard No.1ロボットが、教育機関の復学・復帰の第一線で活躍しています。

 

中国 貴州省の高校での登校風景

登校時の体温測定でロボットが活躍

ロボットからの情報をテレビ画面でダッシュボード表示

 

Advantech UNO-2484G 産業用ファンレス・コンピュータ

Advantech Fanless PC

Advantech UNO-2484G

 

AdvantechのUNO-2484G 産業用ファンレス・コンピュータは、厚さ40㎜の小型で、多くの拡張機能を備えたモジュラー構造を採用しており、今回のShen Hao Technology社 Health Guard No. 1ロボット内部に組込まれています。

4つの独立したインテルi210 LANポートを備えており、ロボット内部のI/Oコントロールボードとの接続、サーボ制御、16ライン3D-LiDAR、超音波障害物回避、バッテリー管理、その他の機器へのアクセスに対応しています。同時に、高速かつ高度な画像処理に応える為、CPUにはインテル第7世代Core i7プロセッサを採用。8GBメモリによって強力な処理機能を実現し、高速での体温測定、AI顔認識、音声対話、クラウドプラットフォームへの接続など、自律ロボットとして様々な機能をこのコンピュータを組み込むことで実現しました。

 

AI Thermometer Robot System

ロボット内部システム構成

 

 


Advantechについて

Advantechは、IoTインテリジェントシステムおよび組込みプラットフォームの分野でグローバルトップシェアのインダストリアル・プラットフォームメーカーです。「Enabling an Intelligent Planet(インテリジェントプラネットの実現)」をコーポレートビジョンに掲げ、近年はIoT、ビッグデータ、AIのトレンドを取り入れ、エッジインテリジェンスなWISE-PaaS AIoTプラットフォームとマーケットプレイスのインダストリアル業界向けソリューションを提供し、クライアントとビジネスパートナーとが結びつきを深め、AIoT時代の新たなビジネスをCo-Creation(共創)できるエコシステムの実現を進めています。

(ウェブサイト:www.advantech.com

アドバンテックテクノロジーズ(ATJ)について

アドバンテックテクノロジーズ株式会社 (略称:ATJ、旧オムロン直方) は、Advantechグループの日本国内拠点として、Advantech製品の販売ならびに、医療設備、ロボット産業、設備産業などのインダストリアル向け電子機器のMade In Japan 開発・製造サービス(DMS/ODM/EMS)を提供しています。Advantechの豊富なAIoT関連製品を日本国内のお客様ニーズに合わせたカスタマイズサービスにも対応し、AI x IoT時代の新たなデザイン・イン・サービスをご提案致します。

 

Intel_IoT_Solution_Alliance_Logo

 

ソリューション実現に関するご相談はこちら

関連情報