TOPICSトピックス

「MIO-5393」第9世代Intel ®Xeon®/Core™を搭載した高性能3.5”SBC

2020/06/16

 

2020年6月15日、Advantech(本社 台湾)は、第9世代Intel®Xeon®/ Core™を搭載した最新の3.5”SBC 「MIO-5393」を発表しました。146 x 102 mm(5.78 x 4.01インチ)のコンパクト設計を特徴とするこのシングルボードコンピューターは、豊富なI / O機能とCANバスを備え、業種・業態に特化したソリューションに応用できます。

また、Advantech独自のスモールフォームファクター設計により幅広い動作温度範囲(-40〜85℃)に対応し、屋外設置のマイクロサーバー、自動光学検査、設備機器、乗客情報システム、屋外キオスクなどで高速な処理が必要とされる様々なアプリケーションに最適です。

 

主なアプリケーション

https://www.advantech-tj.co.jp/wp-content/uploads/2020/06/flight_infomation_system_290x193.jpg
 
航空サービス
ROM-7720_machine_vision_1_SS
 
マシンビジョン
https://www.advantech-tj.co.jp/wp-content/uploads/2020/06/kiosk_290x193.jpg
 
屋外キオスク
     
ハイコンピューティング性能

最新の第9世代Intel ®Xeon®/ Core™で6コアを搭載する3.5”SBCは、Advantechのこのプラットフォームが業界初(2020年6月現在)となります。 「MIO-5393」は、USB 3.2 Gen 2(10Gbps)を利用しており、そのパフォーマンスは前世代のおよそ2倍となっております。

またIntel Gen9 LPグラフィックエンジンを搭載し、48ビットのLVDS(eDPオプション)、HDMI(最大4K出力/30Hz)、ディスプレイポート(最大4K出力/60Hz)の出力端子から三画面同時出力が可能です。

 

高速NVMeストレージ

最大32GB / 64GB *のメモリ容量で、デュアルチャネルDDR4 2400MHzに対応。さらに、M.2 M-Key 2280スロットを搭載し、NVMe(通信プロトコル)/PCIe接続(PCIE Gen3x4【4X PCIe 3.0】)の高速SSDストレージをサポートします。

 ハイコンピューティングおよびストレージの高いデータレートに対応できるため、コンパクトな3.5”フォームファクターでハイパフォーマンスを要求する多様なアプリケーションに最適なソリューションです。

 

革新的なサーマル設計で幅広い動作温度をサポート 

MIO-5393は、優れた温度管理を実現する革新的なQuadro Flow Cooling System(QFCS)サーマルソリューションを備えています。この最先端の高効率冷却ソリューションは、卓越したコンピューティングパフォーマンスを発揮します。薄型&軽量で静音動作のスマートファンを備えており、動作温度が60°Cでも、コンピューティング・システムのパフォーマンス低下の要因となる、高温によるCPUのサーマルスロットリングの発生などを最小化できます。

 

QFCS_icon_03_87x70.

CPUの処理能力を

100%活用

 

  • CPU消費電力45W、
    動作温度60℃の場合、
    スロットリング不要

QFCS_icon_03_86x70.

薄型&軽量

 

 

  • 高さ: 27 mm
  • 重さ: 250 g

QFCS_icon_03_67x7

静音動作

 

 

  • 45dB
  • スマートファン制御
(最大4,300rpm)

QFCS_icon_03_70x70.

容易な組み立て

 

 

  • 組み立てに治具は不要

 

VEGA-300_series_top_banner_600x337(3)

Quadro Flow Cooling System (QFCS)の詳細はこちら

 

 

 また2つの異なるTDP(45W / 25W)のSKUを使用し、アクティブ冷却またはパッシブヒートシンクにより過酷な温度(-40〜85℃)での操作をサポートします。さらにCPU周辺の4つの対称ネジ穴を利用して、熱抵抗を大幅に低減し、熱をすばやく放散でき、屋外キオスク、鉄道、過酷な工場環境などで直面する温度・熱問題を効果的に解決します。

 

「iManager」ソフトウェア

iManager_640x468

MIO-5393に内蔵されている「iManager3.0」はAdvantech製の組込みコントローラー「EIO-201」をベースにしており、電源制御シーケンス機能を統合することで、GPIO、ハードウェアモニタリングツール(RAS)、スマートファンユーティリティ、ウォッチドッグタイマー(WDT)などの汎用機能および機器の信頼性を高めることに成功しました。

最大1Mbpsの高速RS-232 / 422/485、I2C(100kb / 400kb / 1Mb)、CANBusなどの特定ドメインに対応可能な機能を備えた「iManager」は、WindowsおよびLinux両方のオペレーティングシステムのドライバーとソフトウェアAPIに対応し、豊富なI/O機能を提供して社内のソフトウェア開発を容易にします。

 

ドメイン重視のI / Oで柔軟な拡張を実現
「MIO-5393」は、以下の様々なM.2拡張カードに対応可能です。
  • WiFi+ BTWiFi + BT用無線モジュール/ AIアクセラレーションカード用E-Key
  • 3G / LTEモジュール/ SATA SSD用B-Key
  • NVMe / PCIex4 SSD M-Key(オプション)
MIOe_integration_connecta_500x322_S

MIOeのコネクタ接続

 

さらに、AdvantechのMIO拡張インターフェースは、業種・業態に特化した拡張またはカスタム拡張用に4 X PCIe x1 / DDI / USB / LPC / SMBus接続を提供します。

 

MIO-5350+MIOe-210._400x316_S

【参考例】

MIOe-260  I / Oモジュール

2 X GbE、8 X UART、4 X USB、2 X 絶縁CANバス、1 X miniPCIeソケット、1X M.2 B-Keyソケット

 「MIO-5393」にMIOe-260の I/Oモジュールを差し込むことで(MI/O拡張)上記をモジュールを追加で搭載できます。この多様で拡張可能なI / Oにより、FA(ファクトリオートメーション)で使用されるAGV、CNCマシン、医療機器などの多様なI / O要件に対応できます。

 

MIO-5393_mioe_mojule_integration_640x262

 

Advantechならではのソフトウェアと、リモート管理機能を搭載 

WISE-PaaS-DeviceOn_800x453

「MIO-5393」は、Windows 10、Ubuntu 18.04 LTSイメージやソフトウェアAPI 「iManager」、SUSIユーティリティを提供します。また、AdvantechのWISE-DeviceOnは、IoTデバイスのリモート運用管理ソフトウェアであり、パブリッククラウドまたはプライベートクラウドを介して、Advantech製IoTデバイスの動作状態や制御、ソフトウェアアップデート(OTA)など、遠隔からのデバイス管理業務を容易にするソリューションを提供いたします。

Ubuntu

Debian GNU/Linuxをベースとしたオペレーティングシステム(OS)。Linuxディストリビューションの1つであり、自由なソフトウェアとして提供されている。

 ubuntu_150x72
「MIO-5393」の主な機能

Quadro-Flow-Cooling-System_Front-3D-_3m-983x629

クリックして拡大

 

  • 第9/8世代Intel ®Xeon®/ Core™プロセッサ、最大6コア& TDP 45W / 25Wをサポート
  • Xeon SKU用の最大64GB *、ECCのデュアルチャネルDDR4-2400
  • 48ビットLVDS + HDMI + DPの三画面同時出力
  • USB 3.2 Gen2 (10 Gbps)、 TPM 2.0 & NVMe/PCIe Gen3x4(4X PCIe 3.0) SSD
  • デュアルGbE、SATA III、RS-232 / 422/485、CANBus、SMBus、I2C
  • M.2 B-Key 2280/3042、(オプションでM-Key 2280)、M.2 E-Key 2230
  • iManager 3.0、SW API、WISE-DeviceOnをサポート

*選択したSO-DIMMモジュールで64GBをサポート

 

 


国内での開発デザインサービスとカスタマイズ対応
 

Advantech Global DMS MAP

日本国内においては、国内に開発・製造リソースを有する、アドバンテックテクノロジーズ(ATJ)にて、キャリアボードや周辺システムの開発製造も含めた、お客様専用システムの開発製造受託サービス(DMS)を提供する事が可能です。ATJはこれまで数多くのCOM Expressボードやそのキャリアボード・システムの開発を経験しており、日本国内メーカーの要求基準を満足した、きめ細やかなカスタム対応を実施する事が出来ます。

 

国内でのキャリアボード開発・DMSにも対応

 

デザインサービスの事例:

キャリアボードの開発

ケース(筐体)含めたシステム開発

CPUボード自体のカスタム対応

 

キャリアボード開発に関するお問い合わせはこちら

 


Advantechについて

Advantechは、IoTインテリジェントシステムおよび組込みプラットフォームの分野でグローバルトップシェアのインダストリアル・プラットフォームメーカーです。「Enabling an Intelligent Planet(インテリジェントプラネットの実現)」をコーポレートビジョンに掲げ、近年はIoT、ビッグデータ、AIのトレンドを取り入れ、エッジインテリジェンスなWISE-PaaS AIoTプラットフォームとマーケットプレイスのインダストリアル業界向けソリューションを提供し、クライアントとビジネスパートナーとが結びつきを深め、AIoT時代の新たなビジネスをCo-Creation(共創)できるエコシステムの実現を進めています。

(ウェブサイト:www.advantech.com

アドバンテックテクノロジーズ(ATJ)について

アドバンテックテクノロジーズ株式会社 (略称:ATJ、旧オムロン直方) は、Advantechグループの日本国内拠点として、Advantech製品の販売ならびに、医療設備、ロボット産業、設備産業などのインダストリアル向け電子機器のMade In Japan 開発・製造サービス(DMS/ODM/EMS)を提供しています。Advantechの豊富なAIoT関連製品を日本国内のお客様ニーズに合わせたカスタマイズサービスにも対応し、AI x IoT時代の新たなデザイン・イン・サービスをご提案致します。

 

Intel_IoT_Solution_Alliance_Logo

 

ソリューション実現に関するご相談はこちら

関連情報